GomiZero.ARTとゼロメンバー

信越!コワーキングスペースの「ゼロメンバー」は、ゴミゼロ広告と交換で、GomiZero.ARTにご参加いただくプランです。

信越!コワーキングスペース ゼロメンバー

料金:ゼロ円

特徴:ゼロ円広告

特典その1
いいね!創造村内にある美術館や公民館、商業施設で、鑑賞したりチラシを見たり本を読んだり授業を受けたり、買い物をすることができます。

特典その2
Facebookの公開グループ参加、おうちにあるリサイクルアイテム写真と交換でゼロ円広告

特典その3
毎月最終金曜日開催【GomiZero.ART】に参加/Instagramに写真投稿

特典その4
写真投稿できるプライベートグループ「よったかりアルバム」にご招待・ご参加いただけます。

585(こばこ)メンバーを見る

2525(にこにこ)メンバーを見る

GomiZero.ARTについて

2020年。世界では「ZeroWaste」の動きが活発化しています。
【ゴミを減らす、再利用する、資源活用する、ものを大切にする。自然、地球は無限ではない。限りがあるからこそ大事にする】
日本でも、アート、クラフト、ハンドメイドで、古いものを再利用する表現や、手づくり品が増えてきています。地方の古民家再生なども、まさに、再利用、資源活用です。

日本で、SDGsが教科書に載ることになった2020年。
コロナでオンラインで地域関係なく繋がれることが身近になった2020年。
わたしは、「ゴミゼロ」✖アートで、日本・世界・地域を問わずZeroWasteの考えを楽しく実践できる場として広めていこうとオンラインワークショップ「GomiZero.ART」を始めました。

最初は、オンラインインスタミートで、日本の5月30日「ゴミゼロの日」にホストを担当し、おうちにあるリサイクルアイテムの写真を撮って思い出を発表するイベントを開催させていただきました。ZeroWasteを最初に実践しているオーストラリア在住のジェシカさんハイさんご夫妻から、オーストラリアのZeroWaste事情をお伺いし、日本との違いを共有し、参加者ひとりひとりのアイテム写真と思い出をお聴きするなど、楽しんでいただけました。

これをベースに、毎月最終金曜日に開催し、ゼロ円広告をする代わりに、お写真をいただいてご紹介する仕組みを加えました。【実際に使用したスライド資料

おうちにある、捨てられない大事にしている受け継いだ古いものの思い出を語り共有しあうことで、ものを大切にする、命や時間を大切にする。写真を撮って楽しみながら、ZeroWasteの考えを実行する社会活動につながれば、幸いです。

従来の広告との違いは、必ず「わたし、ちよ子との関係性や感想」というKATARIBE(カタリベ・語り部)文章を付けさせていただきます。その文章は「移住ソムリエのFACEBOOKページ」や「毎月のGomiZero.ART」でKATARIBEとして発信します。お写真は思い出などを質問し、いただいたご回答を編集してお載せすることで、「その人やつながりに興味関心を持った方がアクセする流れ」をお作りしています。

写真一枚と思い出で、ゼロ円でご自身の活動やサービスや販売品の広告を出す。
この企画を「面白い」と思っていただけた方!
信越!コワーキングスペースのゼロメンバーに、ぜひ、ご参加ください。

Twitterでもゼロ円広告!


585(こばこ)メンバーを見る

2525(にこにこ)メンバーを見る